公立高校の入試制度

平成29年度から、愛知県公立高校の入試制度が変わりました。

尾張地区に関する主な変更点は、以下の2点です。

  

①学力検査の配点が20点→22点、時間も5分延長(40分→45分)へ

 

②「推薦入試」と「一般入試」が同一日程に

  

このうち①の学力検査についてくわしく言えば、昨年度までの学力検査は国語・数学・社会・理科・英語の5科目を各20問(20点満点)、合計100点で実施されていますが、平成29年度より各教科問題数が2問ずつ増え、22点満点の5教科合計110点になりました。

 

新学習指導要領に基づき、思考力・判断力・表現力などをこれまで以上に重視しようという意図から、こうした変更が決定されました。それに伴い、英語を除く4教科について、試験時間も各5分延長されます。(英語は聞き取り検査10分程度、筆記試験40分で実施)

 

入試は内申点(調査書)と学力検査の合計で合否が決まりますので、学力検査の点数が上昇することで、内申点を高めるのと同時に、深い思考力を要する問題にも対応できる確かな学力が重要になってくるといえるでしょう。